日テレNEWS
国際
2020年2月27日 19:57

試合中のマナー表彰!エジプトの柔道大会

試合中のマナー表彰!エジプトの柔道大会
(c)NNN


先月下旬、エジプトの首都カイロでひらかれた子供たちが参加する柔道大会ではあるユニークな表彰がありました。カメラに向かって笑顔を見せてくれた男の子。彼が表彰されたのは、試合の成績ではなく、試合中のマナーでした。

実際、試合を終えて帰ろうとする子供を審判が呼び止め、しっかりと挨拶をするように指導する場面を何度か見かけました。

「礼に始まり、礼に終わる」と言われ、礼儀作法を重んじる柔道の精神。日本から遠く離れたエジプトでも息づいているのです。

実は、柔道はエジプト人にも馴染みのあるスポーツで、過去には、オリンピックのメダリストも輩出しています。

大会を主催したのは、東京オリンピックに出場予定のラマダン・ダルウィッシュ選手の柔道アカデミー。

将来のオリンピック選手を目指し、アカデミーに通う小・中学生が体重別に分けられて、熱戦を繰り広げ、成績優秀者には記念のメダルや柔道着などが贈られました。

可児記者
「ゴミやたばこを平気でポイ捨てするなどマナーが良いとは決して言えないエジプトの人たち。最近では若者の言葉遣いが悪くなったともいわれています。日本の柔道と礼儀作法がエジプトを変える日がいつか来るのでしょうか。」