日テレNEWS
国際
2020年3月6日 8:01

ダウ969ドル安 米国でも感染拡大へ懸念

5日の米・ニューヨーク株式市場は、アメリカでも新型コロナウイルスの感染拡大への懸念が強まったことを受け、ダウ平均株価は急落した。下げ幅は一時1100ドルを超えた。

5日のニューヨーク株式市場ダウ平均株価は、前の日の終値から969ドル58セント値を下げ、2万6121ドル28セントで取引を終えた。また、ハイテク株が中心のナスダック総合指数も279.49ポイント下げて8738.60で取引を終えている。

前の日に過去2番目の上げ幅となった反動に加え、新型コロナウイルスをめぐりカリフォルニア州が非常事態宣言を出したことでアメリカ国内でも感染拡大への懸念が強まり、この日は朝方から売りが加速した。

また、安全資産とされる債券が買われたことで長期金利の指標となる10年物の国債の金利が過去最低を更新し、金融関連株が大きく売られた。世界的に旅客機需要が落ち込むとの見通しが広がり、航空機大手の「ボーイング」も大幅安となり、ダウ平均の下げ幅は一時1140ドルを超えた。

市場関係者は「明日はアメリカでさらに感染が拡大するのかどうかと2月の雇用統計の発表に注目している」と話している。