日テレNEWS
国際
2020年3月14日 9:17

NY株暴落一転…急反発 過去最大の上げ幅

13日のニューヨーク株式市場は急反発している。ダウ平均株価は2000ドルに迫る上げ幅となった。

13日のダウ平均株価は前日の終値から1985ドル値を上げ2万3185ドル62セントで取引を終えた。

前の日に2352ドル安となった反動でこの日は取引開始直後から大きく買われた。また、取引終了の30分ほど前に新型コロナウイルスをめぐりトランプ大統領が国家非常事態を宣言したことで、感染対策や景気の下支えにつながるとの期待感から買いが一気に進んだ。上げ幅は1985ドルと過去最大を更新した。

市場関係者は「新型コロナウイルスへの懸念は払拭されていないが、ひとまず株価の底は見えた形だ」と話している。