日テレNEWS
国際
2020年3月14日 18:44

スペインで非常事態宣言の見通し コロナ

WHO=世界保健機関は13日、新型コロナウイルスが世界的に大流行するパンデミックの中心が、ヨーロッパになったという見方を示した。

テドロス事務局長「今やヨーロッパがパンデミック(世界的大流行)の中心になっている」

テドロス事務局長はこのように述べ、ヨーロッパでの一日の感染者数が、中国のピーク時よりも多くなっているなどと指摘した。

ヨーロッパでイタリアに次いで2番目に感染者が多いスペインでは、14日にも非常事態が宣言される見通し。サンチェス首相は「国内の感染者が、来週には1万人以上になると予想される」としていて、宣言により可能となる、15日間の人や物の移動制限などの対策を検討している。

一方、フランスでは13日、政府が100人を超える集会の禁止を決めたことを受け、エッフェル塔やルーブル美術館、ベルサイユ宮殿などが当面の閉鎖を発表した。

また、13日に聖火リレーが中止になったギリシャでも警戒が高まっている。ギリシャ政府は13日夜、生活必需品を扱う店を除く飲食店や、美術館、遺跡などを閉鎖すると発表。学校や劇場、スポーツジムなどはすでに休止されており、市民生活や観光業への影響が懸念されている。