日テレNEWS
国際
2020年3月31日 12:40

ウィリアム王子“救急ヘリ操縦士復帰希望”

イギリス王室のウィリアム王子が30日、救急ヘリコプターのパイロットに復帰することを希望していると地元紙が報じました。新型コロナウイルスとの闘いに自らも参加したい考えだということです。

ウィリアム王子は2017年までの2年間、民間企業で救命救急ヘリコプターのパイロットとして勤務していました。イギリスの大衆紙「サン」によりますと、ウィリアム王子は「イギリス全体が新型コロナウイルスと闘っている中、自分も助けになりたいと考えていて、パイロットに復帰することを真剣に検討している」ということです。

ただ、ヘンリー王子夫妻が今月いっぱいで王室を事実上離脱する中、ウィリアム王子が担わなければならない公務が増えていて、「パイロットへの復帰が阻まれるかもしれない」とも伝えています。