日テレNEWS
国際
2020年4月3日 20:30

米・空母の艦長、解任 コロナで救援求め…

新型コロナウイルスで乗組員を死なせるわけにはいかないと訴えていた空母の艦長が解任されました。

解任されたのは、アメリカの空母「セオドア・ルーズベルト」の艦長です。船内では100人近くが集団感染し、艦長は「戦争でないのに乗組員が死ぬ必要はない」と救援を求める書簡を軍の上層部にメールで送っていました。

ところが、同じ書簡を外部の20人以上にも送っていたため、海軍は、情報漏えいだとして解任したということです。