日テレNEWS
国際
2020年4月10日 11:05

正恩氏が砲撃訓練視察 きょう最高人民会議

北朝鮮では10日、国会にあたる最高人民会議が開かれます。こうした中、北朝鮮メディアは金正恩委員長が迫撃砲部隊の訓練を視察する様子を伝えました。

10日付の朝鮮労働党の機関紙・労働新聞は、金委員長が軍の迫撃砲部隊の砲撃訓練を視察する様子を報じました。砲弾60発すべてが標的に命中し、金委員長は満足の意を示した上で、「砲兵の戦闘準備にさらに拍車をかけなければならない」などと述べたということです。

先月中旬の訓練では、軍の幹部らが全員マスクをつけていましたが、10日に公開された写真では、マスクをつけた幹部は見当たりません。

北朝鮮は10日、国の予算や重要方針などを決める最高人民会議を開く予定で、国境封鎖などの対策で新型コロナウイルスの感染者が出ていないとの主張を強調したいものとみられます。