日テレNEWS
国際
2020年5月20日 17:02

蔡英文総統「一国二制度」拒否 就任演説

台湾の蔡英文総統は20日に行われた2期目の就任演説で、「一国二制度は断固として受け入れられない」と中国をけん制しました。

蔡英文総統「中国政府が『一国二制度』によって、台湾をないがしろにし、台湾海峡の現状を破壊するのは断固として受け入れられない」

新型コロナウイルスの影響で大規模な式典が取りやめとなる中、蔡総統は、台湾統一を目指す習近平政権をけん制した上で、「責任を持って共に関係を発展させていくことを期待する」と述べました。

1月の選挙で過去最多得票で再選した蔡総統は、新型コロナウイルスの対応でも高く評価され、最新の支持率は7割以上に達しています。

ただ、中国との緊張は高まっており、19日まで開催されたWHO(=世界保健機関)の年次総会には、中国の反対により参加できませんでした。

台湾が国際社会から孤立する恐れもあり、蔡政権にとって中国との関係は大きな課題となっています。