日テレNEWS
国際
2020年5月21日 17:24

米 台湾に190億円相当の武器を売却へ

アメリカのトランプ政権は20日、台湾に対し、魚雷など190億円相当の武器を売却すると決定し、議会に通知しました。

アメリカ国務省によりますと、トランプ政権が台湾に売却するのは、1億8000万ドル(=およそ190億円)にのぼる魚雷とその関連部品などです。

国務省は声明で、「台湾の安全保障の向上に加え、地域の政治的安定や軍事バランスの維持に役立つ」と説明する一方、「地域の軍事バランスを変えるものではない」と強調しています。

また、2期目に入った台湾の蔡英文総統について、ポンペオ国務長官は20日、「外部からの大きな圧力にもかかわらず、台湾は国民に意見と選択肢を与えるという英知を示した」と祝意を述べ、支援する姿勢を改めて示しました。

台湾統一を目指す中国は強く反発するものとみられます。