日テレNEWS
国際
2020年5月30日 18:08

LAレストラン店内飲食 条件付きで再開へ

アメリカのロサンゼルスで、新型コロナウイルスの感染対策として2か月以上禁止されていたレストランでの店内飲食が、条件付きで再開されることになりました。

ロサンゼルスは、カリフォルニア州の中でも感染者が集中していて、最近も新たな感染者が1日に1000人前後確認されています。

こうした中、保健当局は29日、条件付きでレストランの店内飲食を認めると発表しました。

PCR検査の態勢が拡充されたことなどが理由で、入店できる最大人数を以前と比べて6割に抑えることなどが条件です。

こちらの店では、店内での営業をやめてから売り上げが大きく落ち込んだということですが、依然、感染者が多い中で再開させるかどうかについては慎重になっています。

お好み焼き店「ちんちくりん」佐原毅ゼネラルマネジャー「(再開は)うれしいが、お客さんが入ってもし感染者が出たら、お店を閉めるというリスクが伴うので、ちょっと様子をみたいのが僕らの本音」

一方で、ロサンゼルスでも経済再開を求める声も多く、さらなる緩和に向けた検討が進められています。