日テレNEWS
国際
2020年7月20日 19:39

中国南部を中心に大雨 200万人以上避難

中国では南部を中心に大雨による被害がさらに広がっています。

中国メディアによりますと、大雨の被害は長江流域を中心に24の省にまたがっており、今月だけであわせて31人が死亡、200万人以上が避難したということです。

湖北省にある恩施市では、猛烈な雨で市街地の大半が水没。ビルの合間では車が密集したまま茶色い水につかっています。

記録的な豪雨に見舞われた安徽省の村では600人以上の住民が孤立し、警察などが救助にあたりました。

また、ダムでは決壊を防ぐために放流を実施。水位が上がった川では堤防の2か所が爆発物を使って破壊されました。人口の密集地域で堤防が決壊しないよう、安全な場所に水を逃がすための緊急措置だったということです。