日テレNEWS
国際
2020年8月28日 10:49

トランプ氏まもなく演説 まずイバンカ氏…

アメリカのトランプ大統領は、まもなく、大統領選に向け、与党・共和党の候補としての指名受諾演説を行います。会場のホワイトハウス前から中継です。

会場となるホワイトハウスの庭には、支持者らのためおよそ1500人分の席が用意されていますが、すでに多くの席が埋まっている状況です。また500人の立ち見も出る見込みで、最終的にはおよそ2000人になる見通しです。

この後まず、娘のイバンカ補佐官が登場し演説、その後、トランプ大統領が指名受諾演説という運びです。

そのトランプ大統領ですが、現地時間の午後になって、急な動きがありました。アメリカでは南部ルイジアナ州に大型ハリケーンが上陸し、その後、勢力を弱めてはいるものの、死者が出るなど被害が広がっています。

トランプ大統領は、災害対応にあたる機関をペンス副大統領とともに急遽訪れ、その様子を公開しました。演説当日の災害とあって、危機管理に万全を期す姿勢を強調しています。

トランプ大統領「今夜の演説を月曜に延期することも考えたが、状況は思ったより悪くない」

トランプ大統領はこの後の演説で、民主党候補のバイデン氏について、「47年間の政治キャリアは失敗だ」「過激な左派に利用されている」などと激しい個人攻撃を展開する見通しです。

対するバイデン氏はNBCテレビに出演し、トランプ大統領の政治姿勢を「火にガソリンを注いでいる」と表現。新型ウイルスや人種差別の問題を大統領自身が悪化させていると厳しく批判しました。

バイデン氏「彼は政治的利益しか見ていない。火にガソリンを注いでいる。これがトランプのアメリカだ」

注目のトランプ大統領の指名受諾演説は、この後、日本時間午前11時20分頃に始まる見通しです。