日テレNEWS
国際
2020年10月11日 11:56

トランプ氏主治医「感染させる危険性ない」

新型コロナウイルスに感染したアメリカのトランプ大統領は10日、ホワイトハウスに支持者を招き、演説を行いました。感染判明から10日目の活動再開になります。

トランプ大統領は、ホワイトハウスの庭に数百人の支持者を集め、バルコニーにマスクを外しながら登場、大歓声で迎えられました。

トランプ大統領「この熱狂を続けて、投票をしよう!素晴らしく気分がいい。ひどい中国ウイルスを打ち負かす!」

支持者「愛してる!愛してる!」

トランプ大統領「私も愛してる」

「アメリカを再び偉大に」と書かれた赤い帽子をかぶった支持者らには、マスクの着用が義務づけられたものの、かなり密集した状態になりました。

また、大統領自身は陰性になったかどうか、明らかにしないまま、演説に臨んでいます。

こうした中、トランプ大統領の主治医は、「大統領が他人に感染させる危険性はもはやない」との声明を発表しています。

トランプ大統領は、週明け以降、南部フロリダ州や東部ペンシルベニア州など激戦州で相次いで支持者集会を再開する予定です。