日テレNEWS
国際
2020年10月16日 3:05

毒物事件 EU、露政権6人と研究所に制裁

EU=ヨーロッパ連合は15日、ロシアの野党指導者が毒物で一時重体となった事件をめぐって、ロシアの政権幹部6人と研究所に対し制裁を発動しました。ロシア側は反発しています。

ロシアの野党指導者ナワリヌイ氏が毒物で一時重体となった事件ではロシア側から「信頼に足る説明は一切ない」などとして、EUは12日の外相理事会で、ロシアへの制裁に合意していました。

EUは15日、連邦保安庁長官ら政権幹部6人とモスクワにある有機化学技術の研究所に対して制裁を発動しました。

一方、ロシア側は大統領府の報道官が「ロシアに対する意図的な非友好的な措置であり、残念に思う」とEU側を批判しました。

また、ロシア外務省が2014年に起きたマレーシア航空機撃墜事件をめぐるオランダなどとの協議へ参加しないことを表明するなど、制裁に反発しています。