日テレNEWS
国際
2020年10月17日 7:02

ファイザー 来月後半にワクチン許可申請か

アメリカの製薬大手「ファイザー」は16日、新型コロナウイルスのワクチンについて、使用許可の申請が来月後半になるとの見通しを示しました。

ファイザーは開発中のワクチンについて、7月末から最終段階の臨床試験を実施しています。ブーラCEOは16日、有効性の判断は今月末にはできるとした上で、さらにワクチンの安全性を確認するために必要な被験者のデータの収集が、来月の第3週に完了するとの見通しを示しました。その上で、有効性と安全性が確認されれば、アメリカのFDA(=食品医薬品局)に、すぐに緊急の使用許可の申請を行うとしています。

トランプ大統領は来月3日の大統領選までのワクチンの実用化に期待感を示してきましたが、開発で先行する企業の一つ、ファイザーは間に合わない見通しとなりました。