日テレNEWS
国際
2020年10月25日 12:58

投票まで10日 米・大統領選で攻防激化

アメリカ大統領選まであと10日になりました。トランプ大統領は一日で4つの州を回り、劣勢挽回に向け最終盤の追い込みをかけています。

トランプ大統領は24日朝、フロリダ州の別荘近くの図書館で期日前の投票を行いました。

トランプ大統領「(Q:誰に投票した?)トランプという名前の男だ」

冗談も交えながら余裕を見せたトランプ大統領は、その後、激戦州3州を訪れました。

トランプ大統領「テレビをつければコロナ、コロナ、コロナ…。飛行機が墜落して500人死んでも報じられないんじゃないか」

トランプ大統領は、メディアが自身のコロナ対応に批判的なことも踏まえ、「国民はネガティブなコロナ報道にうんざりしている」と訴えました。

一方、バイデン氏は、大統領が繰り返す楽観論を打ち消すように「暗い冬が待っている」と強調しました。

バイデン候補「我々が対応を変えない限り、暗い冬が待っている」

バイデン氏の応援には人気ミュージシャンのジョン・ボン・ジョヴィさんが駆けつけ、オバマ前大統領が大票田のフロリダ州でドライブ・イン形式の集会を開くなど、両陣営の攻防は激しさを増しています。