日テレNEWS
国際
2020年11月12日 5:53

EU、ファイザーなどと最大3億回分契約

EU(=ヨーロッパ連合)の執行機関であるヨーロッパ委員会は11日、アメリカの製薬大手・ファイザーなどが開発中の新型コロナウイルスのワクチンについて、最大3億回分を購入する契約を承認したと発表しました。

このワクチンは、ファイザーとドイツ医薬品大手・ビオンテックが共同開発しているもので、9日、最終段階の臨床試験で9割以上の有効性が確認されたとの中間結果が発表されました。

ヨーロッパ委員会は11日、この2社からワクチンを最大3億回分購入する契約を承認したと発表しました。

EUのフォンデアライエン委員長はワクチン購入の合意について、「大変うれしく思う」と述べた上で、「当局から使用が許可されれば、ワクチンの供給が迅速に進み、新型ウイルスの世界的流行への解決策に近づく」と期待感を示しました。