日テレNEWS
国際
2020年11月19日 12:12

感染拡大…NY市すべての公立校、再び閉鎖

アメリカ・ニューヨーク市内で新型コロナウイルスの感染が拡大していることを受け、市内のすべての公立学校が再び閉鎖されることになりました。

ニューヨーク市のデブラシオ市長は18日に会見し、市内の陽性率が基準値の3パーセントを超えたため、市内すべての公立学校を閉鎖すると発表しました。授業はすべてオンラインになります。

再開の時期については明言せず、少なくとも感謝祭の休日が終わる今月30日までは閉鎖が続くとしています。

現地校に子どもが通う保護者「子どもたちの勉強だけじゃなく、学校に行って友達と遊んだり、そういった機会が減ってしまうのは残念だと思います」

現地校に通う児童「悲しかったです。もっと行きたかったなと思います」

ニューヨーク市の公立学校は、感染拡大を受けて3月に閉鎖されたあと、およそ半年後の9月末から段階的に対面授業を再開していました。