日テレNEWS
国際
2020年12月11日 17:45

コロナで経済打撃 EU“復興基金創設”へ

EU(=ヨーロッパ連合)は10日、新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受けた経済の再建策として、総額およそ95兆円の復興基金の創設で合意しました。

これは10日、ベルギーで開かれたEU首脳会議で合意されたもので、総額7500億ユーロ、日本円でおよそ95兆円を、新型ウイルスの感染拡大で被害を受けた各加盟国に分配します。

この基金をめぐっては、権力の乱用を防ぐ「法の支配」の原則を順守することが分配条件に盛り込まれ、司法やメディアへの介入など強権的な姿勢を強める、ポーランドとハンガリーが承認を拒否していました。

最終的に、この2か国が承認拒否を撤回し、年明けから基金の運用が始まる見通しです。協議の難航により景気回復が遅れる事態が懸念されていましたが、EUのミシェル大統領は「これで経済を立て直すことができる」と、今回の合意を歓迎しました。