日テレNEWS
国際
2021年1月14日 11:49

朴槿恵被告、懲役20年などの判決が確定

韓国の前の大統領・朴槿恵被告が財閥から賄賂を受け取った罪などに問われた裁判で、韓国の最高裁は14日、懲役20年などの判決を言い渡し、刑が確定しました。

朴槿恵被告は、財閥「サムスングループ」から賄賂を受け取った罪などに問われています。韓国の最高裁は朴被告に対し、懲役20年、日本円で17億円相当の罰金などの判決を言い渡しました。去年7月にソウル高裁が出した差し戻し審の判決を維持した形で、逮捕から4年近くがたち、判決が確定しました。朴被告は出廷しませんでした。

一方、朴被告をめぐっては、李明博元大統領とともに与党内から恩赦の提案が出ていて、刑の確定によって今後、議論が進むのか注目されます。