日テレNEWS
国際
2021年1月15日 14:58

仏で対策強化 午後6時以降の外出禁止へ

フランスのカステックス首相は14日、新型コロナウイルス対策の規制を強化し、国内全域で午後6時以降の外出を禁止すると発表しました。

フランスでは、大半の地域で午後8時以降、夜間の外出が禁止されていますが、規制が強化され、16日から少なくとも2週間、国内全域で午後6時から午前6時までの外出が禁止となります。

また、EU=ヨーロッパ連合以外からの入国者に対し、PCR検査の陰性証明の提出と1週間の自主隔離を義務付けるということです。カステックス首相は会見で、「変異ウイルスの感染拡大を食い止める必要がある」として理解を求めました。

フランスでは1日あたりの新規感染者数がおよそ1万6000人と高止まりしていて、第3波が到来する恐れも指摘されています。