日テレNEWS
国際
2021年2月2日 21:03

コロナ調査で米が批判 中国「強力に協力」

新型コロナウイルスの発生源の調査について、アメリカのブリンケン国務長官が中国を批判したことに対し、中国外務省は「強力に協力している」と反発しました。

中国の武漢ではWHO(=世界保健機関)の調査団が新型コロナウイルスの発生源の調査を行っていますが、アメリカのブリンケン国務長官は「中国の透明性の欠如は深刻だ」と批判し、さらなる情報公開を求めました。

これに対し、中国外務省の報道官は会見で「WHOの調査団に強力な支援と協力をしている」と反発。「アメリカでも2019年12月に新型コロナウイルスの抗体が検出されている」と主張し、「アメリカも中国のように透明性を保ってWHOの調査団を受け入れるべきだ」と切り返しました。

中国政府は、ウイルスの発生源が中国ではないとの主張を繰り返しており、今回の調査はあくまで「世界的な研究の一部だ」という立場を繰り返し強調しています。