日テレNEWS
国際
2021年2月10日 10:23

警察が実弾発砲か?1人重体 ミャンマー

クーデターへの抗議デモが続くミャンマーで9日、警察がデモ隊に向けて発砲し、女性1人が重体となっています。実弾が使われたとみられています。

9日、首都ネピドーで行われた抗議デモの映像――。警察の放水から身を隠そうとするデモ隊。すると突然、赤いシャツを着た女性が崩れるように倒れます。

ロイター通信によりますと治療に立ち会った医師は、「女性の頭には弾丸が残っていて、X線によると実弾だ」と話したということです。

ミャンマーでは9日も各地で軍のクーデターに抗議する大規模なデモが行われました。警察は鎮圧のためにゴム弾も発砲したほか、放水や催涙ガスを使うなど実力行使を強めています。

一方で、一部のデモ隊も警官隊にモノを投げつけるなど過激化しています。軍は、最大都市ヤンゴンや第2の都市マンダレーなどに出していた5人以上の集会禁止令をネピドーなどにも拡大しました。ただ、市民らはそれに従わずデモを強行していて、情勢は一段と緊迫化しています。