日テレNEWS
国際
2021年3月9日 17:30

ミャンマー免許剥奪のメディア報道継続表明

クーデターを実行したミャンマー軍が情報統制を強める中、免許を剥奪された複数のメディアが、相次いで報道を続けると表明しました。

ミャンマー軍は8日、市民らの抗議行動を連日報じる5つの独立系メディアの免許を剥奪しました。このうち複数のメディアはフェイスブックを通じて「表現の自由に対する制限を強く非難する」「民主主義と人権の回復のために闘い続ける」と発表し、今後も報道を続ける考えを示しました。

一方、現地の日本大使館によりますと、丸山市郎大使が8日、軍が任命した外相と直接会談し、暴力の停止や関係者の早期解放を強く求めました。国営紙によりますと、当局側は「公共の安全のために、最小限の武力行使を行っている」と説明するなど従来の主張を繰り返したということです。