日テレNEWS
国際
2021年3月11日 10:45

NY 変異ウイルスによる感染が半数以上に

アメリカ・ニューヨークで、新型コロナの変異ウイルスによる感染が全体の半数以上に増加していることがわかりました。

ニューヨーク市が10日に発表した最新の調査結果によりますと、市内で最近1週間に報告された新型ウイルスによる新たな感染者のうち、51%が変異ウイルスによる感染だったということです。このうち39%がニューヨーク由来、残りの12%がイギリス由来の変異ウイルスだったとしています。いずれも前の週から大幅に増えており、従来のウイルスよりも感染力が高いとして注意を呼びかけました。

一方で、ワクチンの効果を減少させたり重症化しやすいといったデータは、現時点ではないといい、引き続き調査するとしています。