日テレNEWS
国際
2021年3月12日 4:34

EU、J&Jのワクチンを即日承認 4例目

EU(=ヨーロッパ連合)は、アメリカの医薬品大手「ジョンソン・エンド・ジョンソン」が開発した新型コロナウイルスのワクチンを承認しました。EUでのワクチンの承認は4例目です。

EUは11日、医薬品規制当局がジョンソン・エンド・ジョンソンのワクチンについて、販売を認めるよう勧告したことを受け、即日承認しました。EUでのワクチンの承認は4例目です。

このワクチンは、接種が1回で済み、通常の冷蔵庫で、少なくとも3か月保存することができ、EUには最大4億回分が供給される予定です。

また、規制当局は、ロシア製のワクチン「スプートニクV」についても審査を始めていますが、データが不十分だとして、当局の幹部は、「ロシアン・ルーレットのようなものだ」と指摘しています。

一方、EU加盟国では、ワクチンの供給の遅れから、当局が許可していない中国製やロシア製のワクチンを調達する国が出始めています。