日テレNEWS
国際
2021年3月12日 15:48

デンマーク アストラゼネカ接種を見合わせ

デンマークの保健省は11日、アストラゼネカのワクチンを接種後に血栓ができる事例が複数報告されたとして、接種を一時、見合わせると発表しました。

ロイター通信によりますと、デンマークの保健省は、接種後に血栓ができる事例とワクチンとの因果関係はわからないとしながらも、2週間接種を見合わせて調査を行うと明らかにしました。報告には死亡事例も1件含まれるということです。

これを受けてノルウェーとアイスランドも接種を見合わせることを発表しました。また、タイでは12日、プラユット首相や一部の閣僚がアストラゼネカのワクチンを接種する予定でしたが、急きょ中止されました。

一方、アストラゼネカは「ワクチンの安全性は臨床試験でも広く検証されている」などとコメントしているということです。