日テレNEWS
国際
2021年3月15日 9:41

英警官が女性殺害か 集会取り締まりに批判

イギリスで現職の警察官が33歳の女性を誘拐・殺害したとされる事件で追悼集会が開かれましたが、これを警察が取り締まったことに批判の声があがっています。

この事件は今月上旬、ロンドンに住む33歳の女性が行方不明となり、その後、郊外の森で遺体で見つかったもので、現職の警察官が誘拐と殺人の罪で訴追されています。

13日にはウィリアム王子の妻・キャサリン妃も追悼の現場を訪れるなど悲しみが広がっていて、夜には追悼のため数百人が集まり治安の改善を訴えました。

しかし、イギリスでは新型コロナウイルス感染対策のため集会が禁止されていて、警察が取り締まりを行い、警官ともみ合いになった4人が拘束されたということです。ロンドン警視庁は集会の取り締まりについて「健康へのリスクがあり難しい判断だった」と説明していますが、対応に批判の声もあがっています。