日テレNEWS
国際
2021年4月24日 19:13

ロシア ウクライナ国境から軍を撤収

ロシア国防省は23日、ロシアが実効支配するクリミア半島とウクライナとの国境付近に展開していた軍の部隊の撤収を始めました。

ロイター通信などによりますと、ロシアのショイグ国防相は22日、クリミア半島で行われた軍事演習を視察した際、軍の部隊に対し演習の目的を達成できたとして撤収を命じました。

ロシアは先月末以降、ウクライナとの緊張関係が続く中で、クリミア半島と国境付近の部隊を増強していました。これに反発する欧米各国は、ロシアに挑発行為だとして部隊の撤収を要求していました。

撤収作業は23日から始まり、ロシア国防省はクリミア半島で撮影したとする軍艦に戦車を積み込む映像などを公開しました。ロシア側としては、緊張緩和の姿勢を見せることで、アメリカ・バイデン政権の出方を探る狙いもあるとみられます。