日テレNEWS
国際
2021年5月9日 0:52

中国ロケット残骸 NZ沖に9日昼前後予測

中国が打ち上げたロケットの残骸が地表に落下するおそれが指摘されている問題で、アメリカ軍は、日本時間の9日昼前後に大気圏に再突入すると予測しています。

アメリカ軍は、先月29日に中国が打ち上げたロケット「長征5号B」について、近く大気圏に再突入し、残骸の一部が燃え尽きずに、地表に落下するおそれがあるとして、再突入の時刻や位置の予測を進めています。

最新の予測では、日本時間の9日昼前後にニュージーランド沖合の上空に再突入するとしていますが、予測は今後、大きく変わる可能性があるとしています。

このロケットについて中国外務省の報道官は、「特殊な技術・設計がされていて、大部分の部品は燃え尽き、地上に被害を及ぼす確率は極めて低い」と話しています。