日テレNEWS
国際
2021年6月11日 20:54

G7開催の町で「ピカチュウ」団が日本批判

G7(=主要7か国首脳会議)が開かれるイギリス南西部コーンウォールの町に「ピカチュウ」の着ぐるみを着た一団が現れ、石炭火力発電所の輸出支援を続ける日本に批判の声を上げました。

イギリス、コーンウォールに設けられたG7サミット専用のプレスセンター。11日朝、この場所に「ピカチュウ」の着ぐるみを着た一団が現れ、「日本は石炭発電事業から撤退し世界をより良い未来に導くべきだ」などと訴えました。

CO2排出量が多い石炭火力発電を巡っては日本が発電所の輸出支援を続けている事などに国際的な批判が高まっています。

G7サミットのほか11月に開催予定のCOP26=「国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議」でも議題に上がるとみられています。