日テレNEWS
国際
2022年6月30日 15:35

マルコス氏がフィリピン新大統領に就任 長期独裁政権を敷いた元大統領の長男

マルコス氏がフィリピン新大統領に就任 長期独裁政権を敷いた元大統領の長男

フィリピンの新大統領に、長期の独裁政権を敷いた元大統領の長男、マルコス氏が30日、就任しました。父親の時代に国が豊かになったとして、独裁政権時代を美化するとともに、大規模なインフラ整備を進めたドゥテルテ氏の路線を継承すると訴えました。

マルコス新大統領「目の前の、そしてこれから始まる仕事に集中すれば、私のもとで大きな成果を上げることができるはずだ」

フィリピンの新大統領に就任したのは、長期の独裁政権を敷いた故・マルコス元大統領の長男、フェルディナンド・マルコス氏です。

就任のスピーチでマルコス氏は、多くの市民が弾圧された父親の独裁政権時代について、「それ以前のどの政権よりも多くの道路を建設した」などと称賛するとともに、前政権下で大規模なインフラ整備を進めたドゥテルテ氏の路線を継承すると訴えました。また、コロナ禍で悪化した経済の立て直しなどに意欲を示しました。

6年の任期を終えたドゥテルテ氏は、退任直前の世論調査でも支持率は75%に上り、人気はおとろえておらず、副大統領に就任した娘のサラ氏を通じて、影響力を維持しそうです。