日テレNEWS
国際
2021年7月8日 2:17

ハイチ大統領暗殺 襲撃集団で公用語以外も

政情不安が続くカリブ海の島国ハイチで7日、自宅にいた大統領が何者かに襲撃され、暗殺されました。

暗殺されたのは中米ハイチのモイーズ大統領(53)で、7日未明に自宅で正体不明の集団に襲撃されたということです。AP通信などが伝えたもので、大統領夫人も撃たれて入院したということです。

暫定首相は「非人道的で野蛮な行為だ」と非難し、襲撃した集団には公用語ではない英語やスペイン語を話す者が含まれていたと述べています。また、国の治安は軍や警察が掌握しているとして国民に平静を呼びかけています。

ハイチでは地震やハリケーンの被害から経済が落ち込み、治安が急速に悪化していたほか、大統領の任期をめぐって野党と対立が起きるなど、政情が不安定になっていました。