日テレNEWS
国際
2022年3月16日 18:30

土砂崩れで住宅約60棟が被害…ペルーで救助活動続く

土砂崩れで住宅約60棟が被害…ペルーで救助活動続く

南米・ペルーの北部で15日、大規模な土砂崩れがありました。

山の斜面を滑り落ちる大量の土砂により、ふもとの住宅がのみ込まれました。映像では、崩れ落ちる土砂のすぐ近くに人がいるのが分かります。

砂ぼこりをあげ、周りも見えなくなるほど危険な状態となり、えぐられた山肌は被害の大きさを物語っていました。

降り続いた雨による土砂崩れで、住宅約60棟が巻き込まれたといいます。土砂に埋まった住宅には、いまだ多くの人が取り残されていて、懸命な救助活動が進められています。

現場付近は鉱山で働く労働者が多く住む場所で、以前から土砂災害の危険性が指摘されていたということです。