日テレNEWS
国際
2021年7月28日 2:03

コロナ感染邦人、初の死亡確認 ミャンマー

コロナ感染邦人、初の死亡確認 ミャンマー

医療体制がひっ迫しているミャンマーで、日本人男性が新型コロナウイルスに感染し亡くなりました。日本人の死亡が確認されたのは初めてです。

現地の日本大使館によりますと、70代の男性が今月24日に死亡し、その後の検査で新型ウイルスに感染していたことが分かったということです。

ミャンマーでは先月以降、感染が急速に拡大。保健当局によりますと、27日には新たに4964人の感染と338人の死亡が確認されました。検査数に対する陽性率が40%を超える日もあり、深刻な状況となっています。

軍のクーデターによる混乱で医療機関が機能しておらず、実際の感染者数は保健当局の発表を上回っているとみられています。

現地に住む日本人では、これまでにおよそ60人の感染が確認されていて、大使館は日本への一時帰国を検討するよう呼びかけています。

■画像:The Irrawaddy