日テレNEWS
国際
2022年1月27日 16:27

IMF、エルサルバドルに「ビットコイン」法定通貨からの除外求める

IMF、エルサルバドルに「ビットコイン」法定通貨からの除外求める

IMF=国際通貨基金は25日、暗号資産のビットコインを法定通貨とした中米・エルサルバドルに対し、大きなリスクがあるとして法定通貨から外すよう求めました。

エルサルバドルは去年9月、世界で初めてビットコインを法定通貨としアメリカドルと併用していますが、IMFは25日、「金融の安定や消費者保護の面で大きなリスクがあり、ビットコインを法定通貨から外すよう求めた」と発表しました。

エルサルバドルでは、買い物や納税などをビットコインで支払うためのアプリを導入していますが、このアプリには「厳格な規則と監視が必要だ」と指摘しています。

地元メディアによりますと、これを受け、エルサルバドル議会の副議長は「あくまでも選択肢として提案されたもので、使用を続けるかは今後独自に決定する」としています。

ビットコインの価格は26日、およそ420万円で、去年11月の過去最高値の半分近くに落ち込んでいます。