日テレNEWS
国際
2021年8月24日 15:25

混乱続くアフガンで物価高騰 銀行が閉鎖も

混乱続くアフガンで物価高騰 銀行が閉鎖も
(c)NNN

イスラム主義勢力タリバンが実権を握ったアフガニスタンでは、経済の混乱が広がっていて、物価が高騰し、市民生活にも影響が出ています。

ロイター通信によりますと、タリバンが実権を掌握して1週間あまり経過する中、アフガンでは通貨が下落し、食料品の価格が上昇しています。

コメや小麦粉など主食の価格は、この数日で1割から2割上昇しているほか、銀行が閉鎖されていて市民は預金を引き出せないということです。

市民「彼ら(タリバン)は仕事を作り、政府のシステムを確立すべきだ。(大統領だった)ガニ氏は国を去ったのだから、タリバンはオフィスや銀行を開くために行動を起こすべきだ」

一方、国連機関は、アフガンでおよそ43万5000人の女性と子どもが住む家を追われ、国内避難民となっているとして、タリバンをはじめとするすべての当事者に命と人権を守るよう求めています。