日テレNEWS
国際
2021年9月10日 12:29

米“百人以上の企業に接種義務づけ”新対策

米“百人以上の企業に接種義務づけ”新対策
(c)NNN

アメリカのバイデン大統領は9日、新型コロナウイルスのワクチン接種をさらに進めるため、従業員100人以上の企業へのワクチン接種を義務づけるなどの新たな対策を発表しました。

アメリカ・バイデン大統領「ワクチン接種をしていない8000万人に多くの人々がいらだっている。これはワクチン未接種の人々によるパンデミックだ」

新たな対策では、連邦政府の契約職員も含めた全ての職員に、ワクチンの接種を義務づける他、従業員100人以上の企業に対しても、従業員のワクチン接種か毎週の検査を義務づけるガイドラインを策定するとしています。政府高官によると、違反した場合には罰金が科されるということです。

この他にも、全ての州に、教職員へのワクチン接種を義務づけるよう求めることなどが盛り込まれました。