日テレNEWS
国際
2021年9月27日 5:39

ドイツ総選挙 2大政党が激しく競る展開

ドイツ総選挙 2大政党が激しく競る展開
(c)NNN

ドイツで26日、メルケル首相の後任を争う総選挙が行われました。現在、開票作業が行われていて、連立政権を組む2大政党が激しく競る展開となっています。

ドイツの総選挙は日本時間27日午前1時に投票が締め切られ、開票作業が行われています。

公共放送によりますと、メルケル首相が所属するキリスト教民主・社会同盟と、ショルツ財務相を首相候補とする社会民主党の2大政党が得票率でほぼ並び、激しく競っているということです。

また、気候変動対策が最大の争点となる中、石炭火力発電所の早期停止などを掲げた緑の党が、大幅に議席を増やす見通しです。

ただ、どの政党も獲得議席は単独過半数に達しないとみられ、今後、各党の連立交渉を経て、新たな首相が選ばれることになります。