日テレNEWS
国際
2021年10月10日 11:48

「疑惑はうそ」オーストリア首相が辞意表明

オーストリアのクルツ首相は9日、検察当局がクルツ氏を巡る汚職疑惑の捜査を進めるなか、辞意を表明しました。

クルツ首相は9日の会見で辞意を表明し、後任にはシャレンベルク外相を推す考えを示しました。

ロイター通信によりますと、オーストリアの検察当局は、2016年から2018年にクルツ氏に有利になるよう不正に操作された世論調査が新聞に掲載され、謝礼として財務省から公金が報道機関に支払われたなどとして捜査を開始しました。

野党からは辞任を求める声があがり、12日にクルツ氏に対する不信任案が提出される予定でした。

クルツ氏は会見で「疑惑はうそだ」と関与を否定しましたが、「自分よりも国の方が大切だ」と話し、政治的な混乱を避けるために辞意を固めたとしています。