日テレNEWS
国際
2021年12月15日 18:53

カワウソの群れが男性を襲う 26か所ケガ

シンガポールにある植物園を散歩していた男性が突然、20匹ほどのカワウソにかまれ、お尻や脚、指など26か所もケガをしました。

気持ちよさそうにゴロゴロしているカワウソの群れ。一見、かわいく見えますが、先日、男性を集団で襲ったというのです。

一体、何があったのでしょうか。

毎朝シンガポールにある植物園を散歩しているという男性。すると、20匹ほどのカワウソに突然かまれ、その場に倒れたといいます。

被害にあった男性
「おそらく10秒ほどだっただろうが、時間がとまったようだった。大きな2匹がお尻にかみつき、顔にかみつくのを止めようとしたら、指をかまれた」

男性は、お尻や脚、指など26か所もケガをしたといいます。まるで、ホチキスの針のように鋭かったというカワウソの歯。

被害にあった男性
「『このままでは死ねない!』と何度も思ったよ」

襲われた直後、近くにいた友人がカワウソの群れから男性を助け出し、逃げたといいます。

しかし、カワウソは執ようなまでに追いかけてきたといいます。

被害にあった男性
「公園の入り口まで追いかけてきていた」

ロイター通信によりますと、カワウソが人間を襲うことはほとんどないということです。ではなぜ、襲われたのでしょうか。男性によりますと、当時、早朝で暗い中、別のランナーがカワウソとぶつかったため、「カワウソが身の危険を感じ、男性を襲ったのではないか」ということです。