日テレNEWS
国際
2021年12月24日 21:34

クリスマスまでに“1日10万人”も… 仏

オミクロン株の感染が急拡大するフランス。政府は「クリスマスまでに1日あたり10万人の患者が発生する可能性が高い」と、警戒を呼びかけました。

   ◇

街がクリスマスカラーに色づいたフランス・パリ。ショーケースにくぎ付けになる子供たちの姿も見られました。

そんな中、建物を囲むように長い行列ができた場所がありました。その目的は、新型ウイルスの抗原検査です。

検査を受けに来た人
「私は家族と一緒に休日を過ごすために検査を受けます」

家族と安心して休日を過ごすため、クリスマスを前に多くの人が検査を受けに来ていたのです。

しかし、楽しいクリスマスを心待ちにする思いとは裏腹に、オミクロン株の感染は急拡大。検査の行列が見られた翌日の23日、フランスで確認された新型コロナの1日の新規感染者数は9万1608人と、過去最多を更新しました。前日より7000人以上も増加したのです。

死者数は179人と、前日とほぼかわりませんが、ベラン保健相は、警戒を呼びかけました。

フランス ベラン保健相
「以前の予想に反して、クリスマスまでに1日あたり10万人の患者が発生する可能性が高い」

フランス政府は、外出制限などの規制強化は行わないとしていますが、飲食店や長距離の交通機関を利用する人に対し、ワクチン接種を実質義務化する新たな法律を、来年1月にも成立させたい考えです。