×

過酷な環境で暮らす猫が1匹でも減るように 新しい保護猫施設が徳島市にグランドオープン【徳島】 

2024年4月3日 20:35
過酷な環境で暮らす猫が1匹でも減るように 新しい保護猫施設が徳島市にグランドオープン【徳島】 
徳島市の動物愛護団体が、過酷な環境で暮らす猫を減らそうと作った新しい保護猫施設が、4月3日にグランドオープンし、初めて利用者が訪れました。

(豊成春子アナウンサー)
「誰でも気軽に立ち寄れる保護猫施設がきょう、いよいよグランドオープンを迎えました。見てください、猫がたくさんいますよ!いまは寝ている子が多く、すーすーと寝息を立てています。かわいいです」

NPO法人あわねこ保育園」は、過酷な環境で暮らす猫を1匹でも減らそうと、保護活動や里親募集の輪を広げるためにこの施設を作りました。

この日のグランドオープンには、数組の親子連れが訪れていました。

(訪れた人)
「(Q.ここで猫と遊べるのはどう思う?)楽しいです。(Q.猫の好きなところは?)ツンツンしてる時もあれば、デレデレしてる時もあるところ」

その中には、こんな人も。

(訪れた人)
「家に迷い込んでいた猫の保護をお願いして、その子の病気が治って会えるようになったと連絡をもらい、会いに来た。(Q.久々に会えてどうですか?)本当に元気になっていて、がりがりで顔も腕も傷だらけだったので。これだけきれいに元気になっていて、安心しました」

(NPO法人あわねこ保育園 井上智美園長)
「猫は環境の変化に弱いので、譲渡会などで別の場所に行ってしまったら、いつもの可愛さアピールできなかったりするが、ここではいつもの様子が見られるので、『この子がお家でいたら、こんな感じだろうな』ってイメージもつきやすいと思います」

今回特別に、4月1日に保護されたばかりの子猫を抱っこさせてもらいました。

(NPO法人あわねこ保育園 井上智美園長)
「ここに来る子が、本当ならばいなくなる方が理想なので、そこを目指して頑張ろうと思っています」
四国放送のニュース

  • 日テレNEWS NNN
  • ライフ
  • 過酷な環境で暮らす猫が1匹でも減るように 新しい保護猫施設が徳島市にグランドオープン【徳島】