×

  • 日テレNEWS NNN
  • ライフ
  • 「野球しようぜ!」大谷翔平選手から届いたグローブでチャリティー野球大会 藤崎町

「野球しようぜ!」大谷翔平選手から届いたグローブでチャリティー野球大会 藤崎町

2024年2月12日 18:00
「野球しようぜ!」大谷翔平選手から届いたグローブでチャリティー野球大会 藤崎町

大リーグドジャースの大谷翔平選手から贈られたグローブを使ったチャリティー野球大会が藤崎町で開かれました。寄付金は能登の被災地へ送られます。

大谷選手からのグローブは藤崎町の3つの小学校にも届き、きょう特別な大会が開かれました。

★「野球しようぜ!」

チャリティー野球大会は能登半島地震の被災地の復興を願い藤崎町連合PTAが企画し、大谷グローブを使う小学生チームとPTAチームが対戦しました。特別ルールで行われ、PTAチームは三振やエラー1回につき100円を募金します。大人たちが三振やエラーをすると募金箱を持った児童が駈け寄ります。なかには1,000円を募金する人も…。ホームランが出ると手作りの兜で出迎え盛り上げました。試合は16対11で小学生チームが勝ちました。

★小学生は
「ホームラン打てて楽しかったです」
「やっと大谷翔平さんから使えると思ってすごくワクワクしてました」
「将来の夢はプロ野球選手です」

★藤崎町連合PTA 浅瀬石純司 会長
「1月1日の能登半島地震の少しでも復興を応援したいということで 募金を募ってチャリティー野球大会を開催しました」

集まった寄付金1万100円は藤崎町を通じて被災者支援にあてられます。

    青森放送のニュース