×

世界遺産白神山地に本格的な観光シーズン 暗門の滝にマザーツリーも 西目屋村

2024年5月30日 17:47
世界遺産白神山地に本格的な観光シーズン 暗門の滝にマザーツリーも 西目屋村

世界遺産白神山地に本格的な観光シーズンがやってきました。西目屋村の暗門の滝へ通じる遊歩道とマザーツリーのある津軽峠に向かう県道・白神ラインがともにきょう開通しました。

きょう午前9時、西目屋村の「暗門渓谷ルート」の冬期閉鎖が解除され通行が可能となりました。ことしは雪どけが早かったためいつもの年よりおよそ1か月早い開通です。暗門川沿いにおよそ40分散策すると白神山地を代表する観光スポット暗門の滝が見えてきます。高さ26メートル、暗門第3の滝です。上流へ200メートルほど進むと高さ37メートルの暗門第2の滝が姿を見せます。暗門第1の滝へはガイドと一緒であれば行くことが可能です。

★静岡から
「すごいです 勢いが良くてびっくりしました」
★山形から
「自然がいっぱいで感激しました」

村の巡視員はヘルメットを着用して安全に楽しんでほしいと呼びかけています。

一方、県道の白神ラインは暗門から津軽峠までの間8.7キロがきょう正午に冬季閉鎖解除となりました。おととしの大雨の影響で土砂崩れが発生したため復旧工事が行われ、およそ1年半ぶりに通行可能となりました。暗門から車を30分ほど走らせると津軽峠に到着します。津軽峠にある推定樹齢400年の白神のシンボルマザーツリーは先日枯れて死んだことが発表されました。

★青森放送 甲地壮起記者
「津軽峠から出ている散策道は倒木の危険があるためマザーツリーの手前で通行止めとなっています」

枯れて死んだマザーツリーは伐採しないということで現在も安全な場所から眺められます。暗門渓谷ルートと県道・白神ラインの開通に合わせて暗門龍王神社では関係者が祭壇に玉串をささげて登山客の安全を願いました。

★西目屋村 桑田豊昭村長
「(世界遺産登録から)ことしは31年目ということで新たな魅力づくりにまい進していきたいと思っていますので皆様には存分に楽しめる環境をつくっていきたいと思っています」

世界最大級のブナの森白神山地は本格的な観光シーズンを迎えさまざまな自然を楽しむことができます。

    青森放送のニュース

    • 日テレNEWS NNN
    • ライフ
    • 世界遺産白神山地に本格的な観光シーズン 暗門の滝にマザーツリーも 西目屋村