×

まるでスイス!? SNSで話題のスポットとは 《新潟》

2024年5月13日 19:58
まるでスイス!? SNSで話題のスポットとは 《新潟》

赤い列車が景色に映えるこちらの写真…。
実はこちら、県内で撮影された一枚なんですが、「ヨーロッパのスイスにしか見えない」とSNSで話題を集めています。撮影現場を取材しました。


取材カメラが向かったのは……妙高市。
そこにはカメラを持った人がスタンバイしていました。

Q)どちらから?
<撮影に来た人は>
「京都です」

こちらの男性、車中泊しながら車でやってきたといいます。

<京都から撮影に来た人>
「きょう天気がいいのと“雪月花”も走りますしSNSでバズっているて言うのもあって今の季節は妙高山も見えるんで」

■SNSで話題に


きっかけはことし4月下旬、SNSのXにアップされたこちらの投稿です。
残雪の山々を背景に緑の中を走るえちごトキめき鉄道のリゾート列車・雪月花を収めた一枚です。タイトルは“ジェネリックスイス(新潟)”。


■スイスのよう

スイスといえばアルプス山脈に囲まれた美しい景観が魅力です。

雄大な山々を眺めながら「氷河特急」と呼ばれる赤い列車が走る様子はスイスを象徴する場面の一つですが……。

妙高市で撮影された写真が「まるで氷河特急が走るスイスのようだ」と話題を集めSNSで3万いいね!がついたのです。

<投稿した人>
「赤い雪月花が通ったときに、写真でよく見るスイスの雪山と赤い列車のシーンみたいだなとぼんやり思って、家に帰って見返していたらものすごくスイスっぽく見えてきて『ジェネリックスイス』という言葉が浮かびました」

この反応に市民は……。

Q)スイスっぽいですか?

<妙高市民は>
「そうそうそんな感じするよね」
「これは最高だねこの景色はここで百姓できるなんて最高ですよ」

スイスに行ったことのある人は…

<妙高市民は>
「スイスも俺一回行ったことあるんですけどこの辺の妙高・白馬の景色も引けを取ってないと思う」
Q)負けていないですか?
「ええ。地元としては誇っていいかな」

リゾート列車「雪月花」は土日祝日の運行で一日に2便のみ。
撮影できるチャンスは限られています。果たして……。

<長野から撮影にきた人>
「スイスになりました!なんとか」
Q)大成功?
「大成功です」

京都からきた男性も……。

<京都から来た人>
「まさしくこれぞジェネリックススイスだと思います。まるで新潟ではなくスイスです」
Q)撮れましたね?
「はい」
満足のいく一枚となったようです。

妙高観光局は「普段見ている景色をこのように表現してもらえてうれしいが、撮影は市民に配慮しながら楽しんでほしい」とコメントしています。

妙高観光局によりますと残雪が楽しめるのは5月いっぱいではないかということです。
周囲に配慮しながらこの時期ならではの景色を楽しみたいものです。

    テレビ新潟のニュース