日テレNEWS
政治
2021年12月31日 11:48

「聞く力」掲げ…岸田政権 来年の課題は

「聞く力」掲げ…岸田政権 来年の課題は
(c)NNN

「聞く力」を掲げ、ことし10月に政権を発足させた岸田首相。来年の課題について記者の報告です。

2022年は岸田首相が夏の参議院選挙に勝利して長期政権の足がかりを築けるかが最大の焦点です。岸田首相はコロナ対策では水際対策の強化などスピード感を重視した「先手」の対応で世論調査でも、高い支持率を維持しています。

一方で日本到着便の新規予約の停止や18歳以下への10万円の給付では政府の対応が混乱しました。首相周辺は「首相が聞く力を発揮した」と説明しますが、自民党内からは「感染状況が落ち着いているから国民も受け入れただけだ」との指摘も出ています。

さらに、堀内ワクチン担当大臣の国会での不安定な答弁もあり、ワクチンの3回目接種を混乱なく進められるのか懸念の声も上がっています。ワクチン接種を着実に進め感染拡大を防ぐことができるのかが最大の課題です。

一方、1月からの通常国会では具体的な成果を挙げることが求められます。目玉は岸田首相の肝いり政策でもある「経済安全保障推進法案」です。外交面では4年8か月にわたって外相を務めた経験を生かし、首脳外交でのアピールを狙います。

新型コロナ対策を進めながら内政や外交で成果を積み上げ参院選に勝利できるのか。岸田政権の真価が問われる1年となります。