日テレNEWS
政治
2010年4月20日 19:59

“棚上げ”ばかり?の永田町

“棚上げ”ばかり?の永田町
(c)NNN

 皆さんの周りで、自分のことを差し置いて批判したり懸案を先送りしたり、都合のいい人、いませんか?そんな「棚上げ」は永田町の得意技なんです。

 以下、政治部スタッフの制作裏話が満載(?)の編集後記をお届けします。

 前回、大きな話題となった事業仕分けの第二弾が、今週金曜日から始まります。

 切れ味鋭い仕分けっぷりで、名を挙げた蓮舫さんら仕分け人たちが、事業仕分けを前に、戦後初めての国産旅客機『YS-11』を視察しました。

 こちらのYS-11、独立行政法人・国立科学博物館が所有していているんですが、一般公開されない形で、羽田空港内の格納庫の中に保管されているんですって。

 YS-11に乗り込んだ蓮舫議員たち、思わず、「かっこいい~!!」と驚嘆の声!

 そのかっこいい飛行機の中で、こんなやりとりも。

 *係員
 「操縦席座っていただいても大丈夫です」

 *津川祥吾議員
 「いいですか?(嬉)」

 *蓮舫議員
 「座りたくてしょうがない?どうぞ!どうぞ!」

 *津川祥吾議員
 「キャプテンって、どっちでしたっけ?右?左?(機長席の位置をすごく気にする様子)」

 *蓮舫議員
 「津川さん!壊さないでね!触らないでね!いろんなもの」

 *津川祥吾議員
 「(計器類まじまじと眺めながら)貴重な経験させてもらったなぁ・・・」

 視察後も興奮気味の津川議員。同僚議員に突っ込まれていました。

 *蓮舫議員
 「ちょっと活用方法考えた方がいいねぇ~。大好きでしょ?こういうの!」

 *津川祥吾議員
 「個人的にね!」

 *亀井亜紀子議員
 「少年のようになってましたね」

 *津川祥吾議員
 「そういうことできたんじゃなくて、仕事で来たんですから!」

 コックピットは男子の夢がたくさん詰まっているのでしょうね。

 さて、この日の視察では、価値のあるものなので、保存すべきとしながらも、年間でおよそ800万円かかる倉庫の賃料などについては、経費として適切か議論したいと、仕分け本番で議論を進めることとなったそうです。議員の皆さんも頭を悩ませます。

 *田嶋要議員
 「これ、(一般)公開したらすぐに痛むよね・・・」

 *津川祥吾議員
 「誰にも見られないところで、キレイにとっておくよりも、みんなにみていただく方が・・・」

 最後に蓮舫議員が一言。

 *蓮舫議員
 「面白い仕分けになるね。今度ね。」

 私たち政治部エンジェルス、キラッと光る蓮舫議員の目を見逃しませんでしたよ!

 仕分け本番ではどんな判断が下されるのでしょうか。

 (の)