日テレNEWS
政治
2010年8月31日 1:01

首相側「予断許さず」小沢陣営には強硬論も

首相側「予断許さず」小沢陣営には強硬論も
(c)NNN

 菅首相と鳩山前首相が30日夜に会談し、民主党・小沢前幹事長を含めた「挙党態勢」を築くことで一致した。これにより、菅首相と小沢氏は31日に会談する見通しで、民主党代表選挙は無投票となる可能性が出てきた。菅首相サイドは、小沢氏と会談してみるまでどうなるのか予断を許さないとみている。

 菅首相と鳩山前首相との会談中、個人事務所で待機していた小沢氏が30日午後11時前に自宅に戻った。菅首相と鳩山氏との会談について、民主党幹部は「菅首相が人事などで妥協していることはない」としている。このため、菅首相サイドは、31日に小沢氏と会談してみるまでどうなるのか予断を許さないとみている。

 一方、小沢氏陣営が30日夜、都内のホテルで今後の対応について協議した。陣営幹部は「まだ小沢氏の意思を確認できていないので、出馬する前提で準備を進める」と強気の姿勢だった。陣営の会合では、事態の急展開に出席者の多くが戸惑いつつも、「小沢氏が出馬を取りやめることはない」との見方が大勢だったという。しかし、小沢氏側近の強硬派の議員から「鳩山さんの気持ちは無にできない」との声が上がり、出馬取りやめもあり得るとの見方も出てきている。

 小沢氏の本音がいまだ見えないだけに、その出方が注目される。