日テレNEWS
政治
2010年10月29日 19:08

思いやり予算、現在の水準維持~北沢防衛相

思いやり予算、現在の水準維持~北沢防衛相
(c)NNN

 在日米軍駐留経費の日本側負担「思いやり予算」について、北沢防衛相は29日、来年度以降も現在の水準を維持する方針を明らかにした。

 「今日の安全保障環境からすれば、日米の間で総額を極端に減らすということは妥当性がない」-北沢防衛相はまた、アメリカ・ハワイで行われた日米外相会談で前原外相がクリントン国務長官にこの方針を伝えたことを明らかにした。

 ただ、思いやり予算は、今後、政府が行う「政策コンテスト」の対象となっており、減額が提言される可能性もある。これについて北沢防衛相は「今の東シナ海、南シナ海の環境からして、政治決断があってしかるべきだ」と述べ、優先的に予算措置をすべきとの考えを示した。